テディベアをイギリスからお届け!シュタイフ,メリーソート等テディベアの通販サイト『テイクスウィットニー』

イギリス

オーダーガイド Q&Aよくあるご質問 はじめての方へ お客様の声 ウィットニーとは
ホームシュタイフお安くなりました! シュタイフ  【ウィットニー限定】 ベイビー・アルフォンゾ
商品詳細

お安くなりました! シュタイフ  【ウィットニー限定】 ベイビー・アルフォンゾ[21047 EAN 653773]

販売価格: 25,000円(税別)
重み: 1
数量:
2016年1月5日までは39,000円で販売していました。

シュタイフ社初期のテディベア「アルフォンゾ」(1908年製)のレプリカ。

20世紀初頭に数奇な運命をたどったロシアのゼニア王女が大切にしていたベアとして知られる赤毛のベア、アルフォンゾ。シュタイフ社は赤いモヘア、綿サテンのチュニック、吊りバンド付きのズボン、木毛の詰め物など、オリジナル(33センチ)の特徴をこの小さなサイズのレプリカで忠実に再現しました。

1995年から1997年にかけて、テディベア・オブ・ウィットニーの限定で5000体が作られました。24cm(証明書・箱付) EAN 653773

※深い緑色の箱のため、箱のふちが擦れて地色の白が多少見えています。予めご了承ください。

※画像は見本です。
商品詳細
サイズ:24cm
参考情報
(画像をクリックすると大きく見られます)

▲オリジナルのアルフォンゾ▲


Story of Alfonzo

【アルフォンゾのお話】

1908年、シュタイフ社製の真っ赤なテディベアがロシア王女ゼニアのために特別に作られました。当時5歳の王女は、大好きな父親から贈られたこのベアをアルフォンゾと名付け、どこに行くにも連れて行きました。

1914年、バッキンガム宮殿からの招待にアルフォンゾを連れて渡英中に第一次世界大戦が勃発。帰国を阻まれている間に祖国ではロシア革命が起こり、ロシア大公であった父親は暗殺されてしまいました。この悲劇以降、帰国の道を閉ざされた王女の慰めとなったのが、父親からのプレゼントで唯一ロシアから持ってきたアルフォンゾでした。王女は祖国に戻ることなく62歳で生涯を閉じましたが、アルフォンゾは最愛の友として最後まで王女と共に過ごしました。

その後、王女の娘さんと暮らしていたアルフォンゾは、1989年にロンドンのクリスティーズでオークションにかけられ、テディベア・オブ・ウィットニーのオーナーで、世界的に有名なベアコレクターでもあるイアン・パウトに当時の世界最高落札価格となる12,100ポンド(当時の約300万円)で落札されました。それ以来、アルフォンゾはウィットニーのシンボルとして、世界中から訪れるお客様をお迎えしていましたが、2016年11月にデンマークへ旅立ちました。
当サイトでのお買い物はイギリスからの個人輸入となるため、ご購入商品の合計額に対して関税と消費税、通関手数料がかかることがあります。
●関税・消費税・通関手数料の合計額の目安
商品合計額10,000円→ 無税、商品合計額20,000円→ 1,700円、商品合計額30,000円→ 2,500円、商品合計額40,000円→ 3,300円、商品合計額50,000円→ 4,100円

※金額は目安としてご紹介しています。実際の税額は異なる場合があります。予めご了承ください。
関税・消費税・通関手数料について、詳しくはこちらをご覧ください。